どんな人が里親になれるの?

里親になるために、特別な資格は必要ありませんが、一定の要件が定められています。
心身ともに健全であること、子どもの養育についての理解や熱意をもっていること、経済的に困窮していないことなどが必要になってきます。

どうやって里親になるの?

まず堺市子ども相談所へご相談ください。里親制度について詳しく説明させていただきます。里親制度についてご理解いただきましたら、所定の申請書をお渡ししますので、ご家族全員合意の上でお申込みください。
子ども相談所の担当者が、お話を伺ったり、ご家庭を訪問させていただいたりした上で、里親としての活動をしていただくことができる状況かどうかの確認をします。

また、養育里親の申請をされた場合は、基礎研修と認定前研修を受講していただきます。それぞれの研修には、講義と施設実習の両方があります。研修終了後、堺市社会福祉審議会里親審査部会の意見を聴いた上で、堺市長が里親としての適否を審査・決定します。そして里親として適当と判断された方を里親として登録します。
里親登録が済みましたら、子どもの状況と、里親家庭の状況や子どもに対する希望の双方を考慮して、子ども相談所が子どもの養育を委託します。

里親希望者

所定の申請書に記入しお申し込み。
子ども相談所の担当者による面接・家庭訪問。里親研修の受講。

堺市子ども相談所

進達(官庁へ上申書などを取り次いで届ける)。

堺市長

諮問(有識者または一定機関に意見を求める)。

堺市社会福祉審議会
里親審査部会

答申(諮問を受けた事項について意見を具申する)。

登録里親

里親登録簿への記載。

堺市子ども相談所

里親登録簿への登録が済みましたら、子どもの紹介、面接・子育て実習を経て養育を委託します。